洞爺湖芸術館の公式サイトです

FrontPage

洞爺湖畔でアートに触れるひとときを

洞爺湖芸術館外観
洞爺湖芸術館は、洞爺湖が一望できる湖畔の小さな美術館。北海道を代表する彫刻家・砂澤ビッキの作品と、「手のひらの宇宙」をテーマにした「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ」の作品、ユネスコ世界遺産主席写真家を務めた並河万里の写真の他、日本の近・現代文学の初版・限定本のコレクションを展示しています。また、特別展やミニコンサートなど、年間を通して多彩な企画で皆様をお待ちしています。

開館時間  春期(4月・5月) 10:00~17:00
      夏期(6月~9月) 10:00~18:00
      秋期(10月・11月)10:00~16:00
      【受付は閉館30分前まで】
休館日   月曜休館(但し、月曜が祝祭日の場合は翌日)12月1日~3月31日 
      展示替えの日は臨時休館といたします。
観覧料   一般 300円  高校生 200円  小中学生 100円  (洞爺湖町民は無料)
      各種割引制度有  詳細はこちら
設 備   エレベータ・多目的化粧室・車いす・駐車場等を完備しています。

お知らせ

フェイスブック始めました

6月から洞爺湖芸術館は18:00まで開館します。
夏期開館(6月~9月) 10:00~18:00(受付けは17:30まで)

8月18日(金)は展示替えのため臨時休館します。

8月19日(土)~9月10日(日)
コレクション企画 ビッキ週間
1975年頃からたくさんの木のお面「きめん」シリーズを制作しているビッキ。「貴」「樹」「季」「氣」等々、漢字の「き」から受けるイメージを作品に投影させたといわれています。今回は、当館所蔵の「季面」の他、選りすぐりの作品を展示します。ふだんは見られないプライベートなデッサン等も。ご期待ください!
8月19日(土)ビバ・カンツォーネ
ビッキが大好きだったカンツォーネを、ビッキの彫刻に囲まれて聴きます。
※当日12時半~午後1時半までの1時間は、コンサート準備のためビッキアトリエには入ることができません。また、図書閲覧室(近・現代文学の作品)もご観覧いただけません。悪しからずご了承ください。
8月26日(土)ギャラリートーク
高名な美術家でありビッキとも親交のあった、世田谷美術館館長の酒井忠康氏によるギャラリートークです。
詳細はこちら

9月9日(土)~10月9日(月・祝)秋の特別展
阿部典英 絵画・彫刻展「ドンガラガッタン ア・ラ・カルト」
阿部典英氏の口癖は「誰もやらない面白いことをしたい」で、その作品はいつも驚きに満ちています。今回の展覧会では立体の作品もありますが、主に平面の作品を展示します。「ドッキリ!」「これは?」「わははは」と言う皆さんの声が聞こえそうな楽しい展覧会です。
9月30日(土)ワークショップ「キッタリハッタリ」
午前10時~
カレンダーや雑誌など身近にあるものを使って、あなたのオリジナルの作品を作っていきます。
場所:洞爺水の駅2階
対象:どなたでも(小学3年生以上)
料金:無料(先着30名、要申込み)洞爺湖芸術館0142-87-2525
持ち物:はさみ、あれば大きなカレンダーや色のきれいなポスター・雑誌など
詳細はこちら

年間のイベント情報はこちら
 

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional